勤務形態

「アルバイト」という選択

<アルバイトという形態のメリットについて>

ここからは、「アルバイト」という形態で働くことのメリットとデメリットを紹介します。

なお、「アルバイト」も「パートタイマー」も、法律的には同じものであり、明確な区別はされていません。

そのためここでは、「アルバイト」という名称で統一してお話をします。

アルバイトの最大のメリットは、「自分の都合にあわせて働ける」ということでしょう。

勤務時間や出勤曜日などが比較的自由に設定できます。

「薬剤師の働き方を考える?「正社員」という選択」の中でも少し触れましたが、薬剤師の多くは、

結婚―出産を正社員として乗り切れず、一度仕事を辞めています。

しかし、子どもが手を離れた後でも、アルバイトとしてなら採用されやすいですし、また家庭を優先して仕事をすることもできます。この自由度の高さは、アルバイトという形態の大きな魅力です。

また、薬剤師の場合、ニーズがある仕事であることと資格職であるということから、

アルバイトとして働いていく場合でも時給が高くなる傾向にあります。

詳しくは後述しますが、平均は1900円程度です。なかには、4000円を超えるケースも!


<デメリットはこんなところにある>

アルバイトは、正社員とは正反対の性質を持っています。
自由度が高い分、安定性がなく、とても不安定な雇用形態です。
売り上げなどが悪化すると比較的クビを切られやすいですし、社会的地位も高くありません。
また、何よりもアルバイトの場合は、「経験」「経歴」としてはそれほど評価されません。

このため、昇進などはほとんどできません。

このような特徴があるため、「アルバイト」という形態は、単純に「お金を稼ぎたい」「外に出て働きたい」という人向きの形態であると言えます。

また、「夫が転勤族のため、2年に1度は引越しをする」という人にもオススメです。

やめやすいこともまた、アルバイトのメリットだからです。



ページの先頭へ戻る

 

マイナビ薬剤師
ひいらぎ転職相談所