働き方

ドラッグストアで働く

<ドラッグストアの業務内容>

薬剤師が働く場所のなかでも、ドラッグストアはとても特徴的な勤務先だと言えます。

というのも、ドラッグストアで勤務する場合、ほかの職場とは違い、薬以外のものも扱うことになるからです。

サプリメントや介護用品、はては食品に至るまで、さまざまなものを目にすることになるでしょう。

もちろん、品出しなどは、ドラッグストアのスタッフが行うのが基本です。
しかし、お客側からしてみれば、薬剤師もスタッフの一員です。
「○○はどこにありますか?」「○○について聞きたいんだけど...」という相談をされることは多く、

必然的にほかの商品についても詳しくなっていきます。

ロキソニンなどの一部の商品は、薬剤師から直接指導を受けないと買えません。

そのため、基本はやはり薬の説明や指導になりますが、上記のような業務も場合によっては負担しなければならない、

ということは覚えておく必要があるでしょう。


<年収、休み、勤務時間>

ドラッグストアの年収は、立場によって大きく左右されます。店長クラスになると、700万円程度にもなると言われています。
しかしながら、ドラッグストアの勤務の場合、薬剤師の平均年収と比べるとやや低い傾向にあります。

ただ、ドラッグストアに勤める場合、アルバイトや派遣社員としても働きやすく、間口が広いというメリットがあります。

このため、「転勤先で、高時給の仕事を探したい」「気軽に働きたい」という人にはとても向いています。

ドラッグストアは営業時間が長いため、「残業しなければいけないのでは?」と不安に思う人もいます。

しかしながら、実際にはそのような職場は少なく、定時であがれるというケースも多いです。

もしどうしても残業したくない、ということであれば、「残業なし」と明記されているところを選べば安心です。

休日はドラッグストアに準じるところが多いですが、土日祝日は休み、というところもたくさんあります。

実際、私の家の最寄の薬局5軒のうち4軒は、土日祝日には薬剤師はいません。



ページの先頭へ戻る

 

マイナビ薬剤師
ひいらぎ転職相談所