働き方

製薬会社で働く

<製薬会社の業務内容>

製薬会社で働く場合、その仕事内容は、大きく、「研究」「開発」「情報」の3つにわけられます。

「研究」に関しては想像しやすいと思います。病気について研究を進め、それに対抗するための成分を開発し、データを取り、新薬を生み出すために尽力します。薬剤師の仕事のなかでも、トップレベルの難しさを誇り、スキルや知識が大きく問われます。
一つの新薬の開発に十年以上かかることも珍しくないため、根気よく取り組める人向けです。

「研究」としばしば混同されやすいのが「開発」です。
研究者の場合、基本的には臨床実験は行いません。それを行うのが、この「開発部門」になります。人間に使って効果があるのか、副作用はないのか、万人に対して効果を示すものなのか?を公平で冷静な視点でデータとして計上します。

この仕事の場合、医師などのような外部の人間との接触が多くなるため、ある程度の交渉力も求められます。


「情報」は、「医療情報担当者/MR」とも呼ばれます。

これは、研究部門と開発部門が作り上げた新薬を医学業界に説明していく役目を担います。

営業職としての特徴も持っており、もっとも高いコミュニケーション能力が求められます。

単純に「売れればいい」というわけではありませんので、自社製品に対する理解と薬全般に対する知識が必要です。

そのため、有資格者である薬剤師がこの仕事に就くのです。


<年収、休み、勤務時間>

製薬会社勤務の薬剤師は、ほかのところで働く薬剤師に比べて年収が高額になります。

製菓も問われますが、600万円程度は稼げます。

また、特に優秀な人の場合、1000万円台の大台にのることも決して珍しくなく、2000万円を超えるというケースも...。

「会社」という形態で働くため、土日祝日が休みというところはとても多いです。

また、時間も18時程度までと、かなり待遇は良いです。

ただし、製薬会社に採用される人はとても少なく、狭き門となっています。

熾烈な競争を勝ち抜いた人だけが勤められる製薬会社は、薬剤師のエースポジションとも言えるでしょう。



ページの先頭へ戻る

 

マイナビ薬剤師
ひいらぎ転職相談所