どうやって探す? 転職先

薬剤師が転職先を探す方法ですが、
これにはいくつかの方法があります。
まずは、「雑誌などを参考に、
求人広告のあるところに電話してみる」というもの。
すぐに探せるというメリットがあり、
落ち着いて考えられるのも魅力の1つです。
しかしながら、雑誌を買う手間やお金がかかります。

次に、「ハローワークなどで紹介してもらう」というもの。
信頼性の高い情報を無料で得ることができますし、面接などの日取りもスタッフに決めてもらえます。
そのため、少し人見知りな人でも大丈夫です。
ただ、ハローワークに行って求人情報を探すのはとても時間がかかります。
また、せっかく足を運んでみたものの、新しい情報が得られないということもあり、
無駄足になってしまいがちです。

「派遣会社に登録する」ということも、1つの方法です。
自分の条件にあうところを紹介してくれますし、短期で働くことを前提とするのであれば、
かなりオススメです。
派遣会社に登録した場合、就職形態が「派遣社員」という形になります。
そのため、ボーナスなどの点では不利になることも多いので、この点は要注意。

ある意味で一番信頼性が置けるのが、「知人に紹介してもらう」ということです。
確実に今よりも良い条件のところに移れますし、安心感もあります。
転職先にもなじみやすく、比較的スムーズに受け入れられます。
この方法の場合、もしも転職先と自分がうまくいかなかった場合は人間関係がかなりこじれる、
ということが欠点です。
転職先と自分だけの問題ではなく、紹介してくれた人の顔までつぶしかねません。
また、人間関係が邪魔して、ビジネスライクにいきにくいという欠点も…。

最後に紹介したいのが、「転職サイトを利用する」ということです。
これは薬剤師専用の転職サイトを使うものです。
自分が望む条件(年収や時間、勤務地など)を打ち込み
検索をかけるだけで、自分の望みとマッチングした求人情報がでてきます。
この方法の場合、どこかに足を運ぶ必要もなく、お金も一切かかりません。
また、サイトによっては採用祝い金を出してくれたり、
悩み相談にのってくれたりするところもあります。
このため、利便性と費用、さらには不安の解消までも網羅してくれる
探し方と言え、かなりオススメです。
薬剤師や看護師といったニーズの高い職業の場合、このように
「優遇された状態で」仕事先を探すことができます。
転職先を探す薬剤師さんは、
まずはこのような転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

マイナビ薬剤師は、「マイナビ」「マイナビ転職」でおなじみの
株式会社マイナビが運営する薬剤師の方のための転職・就職支援サービスです。

マイナビは人材関連サービスを40年以上にわたり提供してきた実績があります。
首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、
満足度に徹底的にこだわったサービスを展開しています。

薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、
マイナビ薬剤師は、3年連続で「利用者満足度No.1」の評価を得ています。

40,000件以上の豊富な求人を保有し、一人あたりの平均紹介求人数は、
約21.1件(2015年10月時点)。
全国の薬局を地域情報込みでシステム化しており、モレのない求人紹介を行っています。

また、マイナビ薬剤師のコンサルタントは、採用を実施する薬局や病院に対して、
深いヒアリングを行うとともに、現場の様子をしっかりと確認しています。
また、採用担当者だけでなく、現場の薬剤師さんにもお話を伺い
「実際のところ」を伝える努力をしています。

 

上場企業のディップ株式会社が運営している就職・転職サイトです。
ディップ株式会社は、看護師専門の就職・転職サイト「ナースではたらこ」をはじめ、
はたらこねっとやバイトルドットコムといった求人サイトも運営しており、
求人業界でも老舗の会社です。

登録すると専任のキャリア・コンサルタントが最初から最後まで丁寧に
サポート
してくれます。
転職が決まった途端、キャリア・コンサルタントがサポートをしてくれなくなる会社も
珍しくありませんが、薬剤師ではたらこではその後もフォローしてくれるので
非常に心強いです。
忙しい方だと求人情報を調べることができず、
なかなか就職活動や転職活動が進まないケースが多いですが、
キャリア・コンサルタントが代わりに
条件に沿った求人を探してくれる
ので安心してください。

さらに申し込みをすると登録者限定の非公開求人にも応募することができます。
非公開求人とはハローワークや求人情報誌などでは紹介されていない求人のことで、
好条件のものがほとんどです。
希望の求人と出会うことができなくて時間だけが過ぎている方は
薬剤師ではたらこに登録して非公開求人を紹介してもらうというのもひとつの方法です。

 

商品のプロモーションとして、Web上にアドベンチャーゲーム風コンテンツを
公開する企業が増えてきましたが、
医療マーケティング支援とインターネット広告を手掛けるリンクフォースの、
薬剤師転職相談サイト「ひいらぎ転職相談所」もそのような切り口です。

サイトのコンテンツは、女性向けアドベンチャーゲーム風です。
2人のイケメンコンシェルジュが転職相談にのってくれ、
会話の最中に現れる選択肢を選ぶことでキャリアカウンセリングが進行します。

ひいらぎ転職相談所は厳しい審査基準を満たした
優良転職支援会社と提携
し、サービスを提供しています。
実際のリアルな転職支援(キャリア相談や具体的な求人のご案内)は
転職支援会社が提供し、その活用をサポートするのが
ひいらぎ転職相談所の役割です。
両社が協力することでより質の高い転職支援を提供しています。

 

 

 

 

 

薬剤師の転職、その2つの意味は?

ここは、薬剤師の転職について考えていくサイトです。
そのため、「すでに薬剤師の免許を持っているよ!」
という人もいるでしょう。
しかし、「薬剤師の転職」という言葉を考えていくとき、
もう1つの意味が出てきます。

それが、「今までは違う職業についており、改めて薬剤師になりたい」
と考えているケースです。

高齢者社会と言われて久しい現在、社会人から介護系、看護系の仕事に
転職する人も増えてきています。
現在ニーズがある業界ですし、またこれから先もニーズが増えていく業界だからです。
実際、看護系、介護系の学校に通っていた人に言わせると、
「クラスの20パーセントが、社会人経験のある人だということも珍しくないよ」とのことです。
そこでここでは、薬剤師になるにはどうしたらいいか、ということからまずは考えていくとしましょう。

 

 

薬剤師になるにはどうしたらいいのかを知りたい

薬剤師になるためのもっとも基本的なコースというのは、
「薬学部に入って勉強して国家資格をとること」です。
これは6年生の大学が一般的であり、
ほとんどの人はこちらのケースをとることになるでしょう。

次に、もう1つ少し珍しいケースを紹介します。
これは4年生で卒業、国家資格受験資格を得られるものです。
ただしこれには条件があり、
薬学関係の修士もしくは博士課程を修了している人に限ります。
また、このときには、実務実習などが必要になります。

また、これらの学校で勉強した後に、国家資格試験に合格しなければなりません。
この国家資格試験の合格率は約60パーセント程度と言われていました。
もちろん学校にもよりますが(なかには合格率が95パーセントを超えるところもあります)、
クラスが30人であったとしたら、そのうち12人は落ちる計算になってしまいました。
このため、薬剤師は非常に難易度の高い職業として知られていました。
しかしこれは過去の話で、6年生になったあとは、90パーセント以上の学生が合格すると言われています。
この点は安心ですね。

ただ、30歳の時点で、現在の仕事をやめて薬剤師になりたい、と考えたのなら、
薬剤師になるのは36歳ごろになる、ということです。
後者のケースであったとしても、最短で34歳です。

介護福祉士などの資格が、一般的には2年程度で取得可能なことを考えると、
薬剤師になるにはなかなか難易度が高いです。
そのため、「今が高校生だから、これから薬学部に受験して将来的に薬剤師になる」というのならばともかく、
「今の仕事をやめて、これから一から薬剤師になるための勉強をする」というのであれば、
かなりの覚悟と勉強は必要です。

 

 

薬剤師になるにはお金もかかる。社会人からの転向組は国立を目指して

また、薬剤師になるためにかかる学費の平均は、6年間で約1200万円と言われています。
1年間の学費が約200万円ですから、これを確保しなければいけません。
もちろん奨学金などの制度も利用できますが、かなり高額だと言っていいでしょう。

ただし、上記であげた「平均額」は、あくまで私立の薬学部の話です。
もしどうしてもお金に都合がつかない、ということであれば、
国立大学に入学することを目標とすると良いでしょう。
ここなら、1年間で約60万円程度とぐっと通いやすくなります。

かつては国立大学よりも私立大学の方が、薬剤師の国家資格試験の合格率がよいと言われていましたが、
現在は僅差です。
そのため、国立の薬学部が不利ということはありません。
ただし、国立大学の方が、やはり入学倍率が高く、競争になりがちです。

 

 

薬剤師の就職事情

さて、このように時間とお金と頭を使って薬剤師の資格をとった場合、どのような展望が開けているのでしょうか。

薬剤師は、基本的には就職先にはあまり事欠かないと言われています。
後で詳しく触れますが、「就職が難しくなった」と言っても、
やはりほかの職業に比べれば優遇されている感は否めません。

そのため、一度就職した後でも、転職することが比較的容易です。
ブランクがあっても就職先にはあまり困りませんし、職場を選ばなければ働くことには困らないでしょう。

 

 

転職の理由は?

すでに薬剤師として働いている人のうち、
転職経験があるのはどれくらいの割合だと思いますか?
これは意外なほどに多く、なんと全体の72パーセントにも上ります。

半数どころか4分の3にも迫ろうとする勢いの数字であり、
転職経験のない薬剤師の方が少ない、という結果になっています。
また、そのうちの約半数は3回以上の転職経験があると言われています。
薬剤師の転職理由には、いくつかの代表的なものがあります。
「職場の人間関係に悩んでいる」
「給与体系が不満である」
「仕事内容が自分の求めているものではない」
「勤務時間や休日の条件が折り合わない」
「職場が遠くて通いづらい」
「そもそも、自分のライフスタイルに大きな変化が起きた(結婚や出産など)」
薬剤師の場合、全体の70パーセントが女性です。
最後にあげた「ライフスタイルの変化」による転職希望というのは、
かなり大きな割合を占めるのではないでしょうか。

 

 

マイナビ薬剤師